羽曳野市立生活文化情報センター(LICはびきの)


3


学・観・創・交 それが「LICはびきの」。
新しい時代の情報を集め「学習」する。
素晴らしい芸術文化をナマで「観賞」する。
潜在的なイメージを膨らませ「創造」する。
人と人とのふれあいを大切に「交流」する。

LICはびきの”は生活・文化・情報の拠点としてあなたをサポートします。

白鳥に姿を変えて野原から羽を曳くように飛び立っていった日本武尊。
羽曳野の名前の由来となったその伝説に基づき、白鳥をモチーフにして、「LIC」の文字をロゴマーク化。新世紀、新しい未来に向かってはばたく生活・文化・情報の拠点として、「LICはびきの」を表現しています。

また、ロゴカラーの渋い紫は、文化的な成熟をイメージ。
「雅びのまち」羽曳野にふさわしい優雅で上品な色合いを用いました。

羽曳野市は古くから歴史上の重要な交流拠点として栄え、歴史的遺産の蓄積された、雅びやかさが漂うまちとして現在までその姿を保ちながら発展してきました。

また、近年の情報化をキーワードとした社会情勢のめまぐるしい変化の中、羽曳野市独自の歴史的文化をふまえた新しいまちづくりが期待されています。そのような状況の中で、本施設は自治省(当時)からリーディングプロジェクトの指定を受け、郵政省(当時)からはマルチメディア施設の推進として認定をいただき、暮らしを支え、地域づくりのインフラとなる実用的な地域情報化を推進し、多様化する地域文化活動・交流活動の社会基盤整備という未来に視点を置いています。

「LICはびきの」は、府内の公共施設では、初のパイプオルガンを設置したホール、専門書など幅広い蔵書を取り揃えた図書館、多目的に活用できるギャラリーやセミナー室など、「生活・文化・情報」に関する様々な施設と設備を満載し楽しく豊かな活気あふれる羽曳野市の未来を創造する拠点として皆様に活用していただきたいと願っております。


会場名面積(㎡)天井高(m)スクール(名)シアター(名)島型(名)ロの字(名)立食(名)円卓(名)金額(円)
お問い合わせください
>更に詳細を見る※会場のHPを開きます  >口コミを見る※Googleの検索結果を開きます

施設名

羽曳野市立生活文化情報センター(LICはびきの)

住所

大阪府羽曳野市軽里1-1-1

アクセス

・藤井寺駅よりバスでお越しになる場合
「桃山台二丁目・学園前五丁目」行き(84番)、「循環 羽曳ヶ丘西三丁目~八丁目」行き(75番)、「循環 羽曳ヶ丘八丁目~西三丁目」行き(72番)のいずれかのバス(「野中経由」のもの)にのり、「軽里一丁目」バス停下車。
・古市駅よりバスにてお越しになる場合
「羽曳ヶ丘西五丁目」行き(81番)、「四天王寺大学」行き(82番)、「桃山台二丁目・学園前五丁目」行き(85番)のいずれかのバスにのり、「軽里一丁目」バス停下車。

近鉄南大阪線で古市駅下車。
古市駅より西へ徒歩で約10分

一般道路でお越しの方
国道170号線(大阪外環状線)、「軽里北」交差点角。

高速道路「西名阪道」でお越しの方
「藤井寺IC」を下車し約5分走らせる。

電話番号

072-950-2002

HP

公式HPに移動します

ご利用用途

会議、研修、ミーティング、セミナー、総会、展示会など

最大収容人数

638

予約する

直接施設へHPまたはお電話にてお問い合わせ下さい。

予約フォーム

公式HPに移動します

免責事項

掲載内容についてはできる限りのチェックをしておりますが、 本ページの記載内容によって生じるいかなる不具合も当社では一切の責任を負いません。 貸会議室の内容については必ず各お問い合わせ先までご確認ください。



この会場を見た方は、こちらの会場も見ています。

  1. かわさき老人福祉・地域交流センター

  2. 平塚市勤労会館

  3. 大田区産業プラザPiO

  4. 門真市民プラザ

  5. 藤沢市老人福祉センター(やすらぎ荘)

  6. イベントホール 洛央

  7. 浜田山会館

  8. 立川市市民会館(たましんRISURUホール)

  9. 藤沢市労働会館

  10. 新宿NPO協働推進センター

  11. 榎町地域センター

  12. ATCホール&会議室

  13. 湯島地域活動センター

  14. 旧東京音楽学校奏楽堂(重要文化財)

  15. 日の出町やまびこホール